懐かしきドラクエの世界 | 星ドラをリセマラしてより強い状態でゲームを始めましょう!
menu

懐かしきドラクエの世界

スマホを見て驚いている男性

ドラクエといえば今から約30年ほど前に第1作目が登場し、そこからずっと多くに作品が登場しています。人気漫画である「ドラゴンボール」の原作者、鳥山明氏がキャラクターデザインを担当したことでも話題になり、当時のオタクたちは夢中になって遊びました。このドラクエをプレイするために休暇を取る「ドラクエ休暇」はもはや当たり前の現象になり、誰が一番早くクリアするかみんなで競争したものです。
そんなドラクエを皆さんは何作目を遊んだでしょうか?
一番思い入れの強いナンバリングタイトルによって世代がバレるほどに、幅広い層に人気のあるタイトルです。
私はベタに花嫁を選ぶあの作品です。
主人公が石に変えられるイベントが長すぎて10時間ぐらいぶっ続けでプレイしていたので寝落ちして起きたら、主人公の子どもに目覚めさせられたことを覚えています。

そのように自分がプレイした作品というのは何かしらの思い入れがあるものです。
スマホゲームである「星ドラ」ではそんな思い入れの詰まった装備を自分のアバターとも言えるキャラに装備させて冒険することができます。
思い入れがあるからこそより楽しむこともできるのではないでしょうか?
もちろんゲーム性そのものを楽しむこともできるために、ドラクエに触れたことのない人でも問題なくプレイすることも可能になっています。
自分の中でどういった要素に重点を置いて楽しむかどうかの話しになってきます。
もちろんその中のものが何であっても構いません。
ゲームとは最終的に自分が楽しむためにあるものなのですから。
そこに他人の介入する隙は無いのです。